ニキビ跡の原因は種類によって違うの?

 

ニキビ跡の原因

 

 

「ニキビ跡って、ホントにイヤ…」

 

 

完治までに時間もかかるから悩みもその分深くなりますしね。ニキビ跡にならないためにも、その原因をしっかり把握しておきましょう。

 

まず、ニキビ跡になってしまうそもそもの原因というのは、「皮膚にダメージを与え過ぎてしまうから」です。

 

同じ場所にニキビが何度も出来てしまったり…
ニキビが出来た場所を潰してしまったり…
ニキビの化膿が広がってしまったり…

 

これがニキビ跡を作り上げてしまう原因なんです。皮膚の奥の層へいけばいくほど、肌にとって重要な機能があります。

 

この重要な肌の層がニキビによってダメージを与えてしまうと、ニキビ跡の色素沈着やクレーターとして残ってしまいます。

 

ニキビ跡と言っても、じつはいくつか種類があって、それによってニキビ跡の原因も変わってきます。じゃあ、ニキビ跡にはどんな種類があるの?ってことですよね。

 

 

 

 

ニキビ跡の種類って?

赤みが残るニキビ跡

ニキビ跡 赤みニキビが治ったあとに赤みだけが残る場合がありますよね。

 

これもひとつのニキビ跡なんですけど、このニキビ跡の原因は、ニキビが治ったときに毛穴の周りがうっ血して、そこに赤みが残ってしまうんですね。

 

赤ニキビにも見えるのですが、膨らんでいない場合はニキビ跡の赤みの可能性が高いといえます。

 

 

色素沈着のニキビ跡

ニキビ跡 色素沈着ニキビがなくなったあとに、シミのようなものが残る場合がありますよね。これを色素沈着と呼んでいるのですが、これには紫色と茶色の色素沈着があります。

 

紫色の色素沈着になってしまう原因は、ニキビの炎症が毛穴だけだったのが、毛穴の周りの毛細血管にまで広がり、破裂して血がにじみ出た跡なんですね。

 

血液中に含まれるヘモグロビンの赤色が固まって、皮膚を通して外から見ると紫色に見える状態です。

 

茶色の色素沈着になってしまうのは、メラニン色素が原因なんですが、メラニン色素自体は、皮膚組織を守る重要な働きをしています。

 

その問題は、ニキビが出来ると皮膚が攻撃されることでメラニン色素を大量に生成してしまうからです。

 

健康の皮膚の状態ならターンオーバーの際に、メラニン色素も上手に排出できますが、ニキビが出来ている状態だと皮膚のターンオーバーができずメラニン色素が残る形になります。これが茶色の色素沈着の原因です。

 

 

クレーターのニキビ跡

ニキビ跡 クレーターニキビの炎症が治まったあとに、凸凹の状態で皮膚に跡が残ることがありますよね。

 

これはクレーターのニキビ跡と呼ばれていますが、この原因は、ニキビの炎症が進行したことで皮膚の深い組織まで破壊されてしまったことが原因です。

 

破壊されてしまった皮膚の組織は、修復できずに凸凹のまま肌に跡として残ってしまい、ニキビ跡のなかでも改善が難しいといわれています。

 

 

 

ニキビ跡になってしまうと、どのタイプのニキビ跡でも治すのに時間がかかります。そんな最悪の状況になってしまう前に、きちんと対処しておく必要がありますよね…

 

じつは今、20代&30代の女性に話題の…

 

「あれ」を使ってみました(笑)

 

結果は、もちろん、想像以上にヤバかった…だって、使ったあとのお肌のフワフワ感がハンパない(汗)

 

ウソだと思うなら、私の興奮気味の体験レポを参考にしてくださいね(笑)

 


 参考記事 お肌がフワフワになってしまった化粧品の体験レポ(笑)


 

 

 

ニキビケアを最速にするための人気No.1組み合わせ定番レシピ

banner

Ranking 1位
ノンエー石鹸
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
メルライン
【美容液ランキング第1位】
ノンエーの口コミ ルナメアの口コミ メルラインの口コミ
banner-pbanner-b banner-pbanner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントを残す