ニキビ跡のシミを消すのにやってはいけない5つのこと?

AdobeStock_113892095

 

「ニキビ跡のシミってなかなか消えない…」

「もしかしたら、今、使っている化粧品が悪いんじゃ…」

「やっぱり、美容皮膚科へ行くかなぁ…」

 

 

もしかしたら、なかなかニキビ跡のシミが消えなくて、こんな流れになっているかもしれませんね(汗)でも、ちょっと待ってください。もし、あなたが、

 

「ニキビ跡のシミを消すのにやってはいけないことをしているとしたら?」

 

そしたらヤバいですよね?(汗)最悪、何をしてもニキビ跡のシミを消すことができないかも…

 

そうならないためにも、次にあげる「5つのこと」を覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

ニキビ跡のシミを消すのにやってはいけない5つのこと?

 

ニキビ跡用の化粧品をグリグリ塗り込む?

 

じつは、シミを消すためにグリグリ化粧品を塗り込んだり、マッサージや洗顔をしちゃいけない、って知ってましたか?

 

気持ちは良くわかります(苦笑)シミが濃くなっていくと、どうしても気になるから、

 

 

早く消えるように強めに洗顔したり…

マッサージなんかしちゃったり…

願い込めすぎてグリグリ塗ったり…(笑)

 

 

これは全部やってはいけないこと。というのも、ニキビ跡のシミができると言うことは、その箇所は少なからずダメージがあってできたもの。

 

ってことは、ほかの部分より、お肌が弱っていると言うことです。

 

その部分に刺激を与えることは、良くないのはわかりますよね。シミが濃くなってしまう原因でもあるので、絶対にやらないようにしてくださいね。

 

 

 

シミ消し系の化粧品が高いからといってチビチビ使う?(汗)

 

これもねぇ、気持ちは良くわかります(苦笑)「確かに高い…」ホント、小瓶サイズで1万円は普通に超えますからね。

 

で、勘違いしているかもしれないけど、シミ消し系の化粧品って、

 

「ヤバイ!シミができたから美白化粧品買わなくっちゃ!」

 

じゃなくて、

 

 

 

「美白は1日してならず…毎日、コツコツ塗らないとね。」

 

 

 

こっちが正解。というのも、シミ消し系の化粧品って、3種類ぐらいあるんですね。

 

 

  • シミを作らせないような化粧品
  • すでにあるシミを外に出す化粧品
  • すでにあるシミの色を薄くする化粧品

 

 

こんな感じなんですが、多いのは上2つの化粧品ですね。

 

たとえば、ビタミンC誘導体配合の化粧品なんかは、ターンオーバーを促進しながら、シミの原因でもある、メラニンの生成を抑制してくれます。

 

ってことは、すでにあるシミを外に出しながら、シミを作らせないようにしてくれるというわけです。ただ、やっぱり時間はかかるよね、ってこと。

 

だって、皮膚のターンオーバーって、約28日って言われてます。

 

シミって言うのは、お肌の奥の層でできるわけですから、それを徐々に皮膚の表面に押し上げて外に出す…ってことは、最低でも約28日かかるわけ(汗)

 

だから、シミができてから化粧品を塗ってもダメで、毎日、コツコツ美白系の化粧品を塗っていって、シミのない透き通るお肌を維持しましょう、毎日塗ることで予防しましょう、ということです。

 

 

 

こんな生活習慣だったら逆効果?

 

もう何回も言ってきてることですけど、普通の生活習慣だったらイイんです。新鮮な物を食べて、よく寝て、なるべくストレスをためないようにする…これだけでイイんです。

 

特に、逆効果なのが、

 

「タバコを吸う習慣がある」

 

コレだけはやめたほうがイイ…というのも、タバコを吸うと、カラダの中で大量のビタミンCを消費します。

 

だから、高いビタミンC誘導体化粧品を使って、カラダの中にビタミンCを送り込んでも、タバコを吸っていたら全く意味がない…カラダの中では、こんなことになっていますよ(汗)

 

ニキビに効く食べ物のビタミン類一覧&まとめ

 

 

シミを消すなら保湿もちゃんとやるのが鉄則?

 

シミが気になり出すのって、夏の終わりの紫外線をたんまり浴びたあと(汗)で、この時期って、汗をかいたりして、ベト付き感があるから、どうしても…

 

「さっぱりスキンケア」

 

これをやってしまいがち…(汗)確かに、暑いのに美容液をたっぷり塗ってお肌がベトつくのも気持ちイイもんじゃないですよね。

 

でもね、汗でお肌の表面がベタついてたとしても、クーラーや紫外線の攻撃でお肌の奥はカラカラなんてことも…そうすると、どうなるか…?

 

「ターンオーバーが滞って美容成分の浸透が悪くなる…」

 

これじゃあ、ホントもったいないですよ。だから、夏でもしっかりと保湿を心がけて、ちゃんとお肌の奥まで美容成分を届けましょう。

 

 

 

 

効果を急ぎすぎて使うのをやめてしまう?

 

さっきも言いましたけど、ターンオーバーにはどうしても時間がかかります。

 

だから、1ヶ月間、頑張って化粧品を使ってみたけどシミが消えないし、全く変化がない…なんてことは、普通にあります(苦笑)

 

「最低でも3ヶ月は頑張ってほしいところ…」

 

あとね、よくある勘違いに「くすみ抜け」があります。美白化粧品を使っていると、

 

 

「ちょっとヤダ!?シミが濃くなってる!?」

 

 

なんて感じたことありませんか?これは、じつはイイ傾向だったりします(笑)っていうのも、これは化粧品の効きはじめで、顔全体のくすみが抜けてくる…

 

そうすると、下記の画像のように、真ん中の茶色はどちらも同じなのに、背景の色が白くなると、なんだか右の方が真ん中の部分が濃く見えますよね。

 

くすみ抜け

 

 

これが、まさに、

 

「くすみ抜けによる勘違いだったりします…」

 

せっかく、ニキビ跡を治せるチャンスなのにこの勘違いのせいで使うのをやめてしまう…こんなにもったいないことないですよね(苦笑)

 

ニキビ跡のシミを消すには、時間がかかるんだと、気長に臨むことも必要かもしれませんね。

 

 

 

 

でも、もし、あなたがどうしても気長に待てない…

 

っていうことであれば、ニキビ跡の赤みやシミに効果が期待できるものを試してもイイかもしれません。最近話題のパルクレール美容液なら効果が期待できるんじゃないかな、って思います。

 

もちろん、効く効かないは個人差があると思うけど、評判はいい思うし私も実際に使ってみて効果を感じた一人なので試してみる価値は十分にあると思いますよ。続きの記事も参考にしてみてくださいね。

 

  続きはこちらからどうぞ

 

 

 

 

【2017年版】ニキビへの効果をしっかり実感したコスメランキング

Ranking 1位
クリーミュー
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
パルクレールジェル
【保湿ランキング第1位】
ルナメアの口コミ
banner-p
banner-b
banner-pbanner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントを残す