アンテベートってニキビに使っても大丈夫?副作用がヤバいの!?

アンテベートとニキビ

 

「アンテベートっていう薬を使ったらニキビの赤みはスグに取れるよ!」

 

こんな情報を聞いて、びっくりしてしまいました…

 

「ちょっと待って下さい!まさかあの薬に頼っちゃいます?!」

 

いや、確かにアンテベートってニキビの治療の際に皮膚科で処方されることもある薬です。でも、私はニキビに使うのは正直お勧めしたくない…

 

っていうのも、アンテベートには「ニキビの赤みをおさえてくれる」という効果と「ニキビを悪化させてしまう」っていう副作用を併せ持つ薬なんです。

 

今から、その意味を詳しく説明したいと思います!

 

 

 

 

アンテベートってどんな薬?効果効能は?

アンテベート

 

アンテベートは鳥居製薬が販売する「外用副腎皮質ホルモン剤」で、軟膏・クリーム・ローションの3種類から医師の判断によって処方される薬で、ドラッグストアや薬局では購入できません。

 

「外用」とは体の外側(皮膚)から薬を効かせること。「副腎皮質ホルモン剤」とはステロイドのことです。

 

つまりアンテベートとは「ステロイドが入った塗り薬」ということですね。

 

主成分として配合されているのは「ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル」というステロイドです。

 

ステロイドには「炎症をおさえる」という働きがあり、アンテベートは

 

  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 乾癬

 

 

これらの治療に使用されます。主に「炎症を抑える薬」ということで、ニキビ専用の薬というわけではないんですね。

 

ではなぜ、ニキビに効果があると言われているのかというと、配合されているステロイドの抗炎症作用が赤ニキビ(炎症を起こしたニキビ)や炎症を伴うニキビ跡を鎮静させてくれるからニキビが治まるということなんです。

 

ステロイドは、

 

  • Ⅰ 最も強力
  • Ⅱ 非常に強力
  • Ⅲ 強力
  • Ⅳ 中等度
  • Ⅴ 弱い

 

この5段階に分かれていて、強い(数字の低い)ステロイドを使うほど、得られる抗炎症作用も強力になるんですよ。

 

で、アンテベートはというと、「Ⅱ 非常に強力」に属しているんです。

 

炎症を伴ったニキビは赤みが目立ってしまい、赤みはなかなか引いてくれません。アンテベートは「非常に強力」と分類されるステロイド剤ですから、そりゃあ赤みはすぐ引いてくれるでしょう。

 

でも、もうこの辺りで疑問に思われている方もいますよね。

 

 

「ステロイドって副作用がすごいんでしょ?しかもそんな強力なステロイド剤を顔に塗ってもいいの??」

 

 

そうっ、そこなんですよ!これが「ニキビを悪化させてしまう」というところに繋がっていくんです。

 

 

 

 

アンテベートの副作用はやばい??

 

まず、アンテベートのような強い作用があるステロイドは、もちろん抗炎症作用も強いわけなんですが、そのぶん副作用も生じやすいと言われているんです。

 

その副作用に関係してくるんで、「ステロイドがどのようにして炎症をおさえてくれるのか」ということを簡単に説明させていただきますね。

 

 

 

ステロイドはどのようにして炎症をおさえてくれるの?

 

ステロイドを塗ると塗った部分の炎症が治まるのは、ステロイドには「免疫抑制作用」があるから。

 

「免疫」というのは体に異物が入ってきた時に、異物を排除しようと攻撃するシステムのこと。

 

「過剰に分泌された皮脂や古い角質が毛穴につ詰まり、そこに菌が繁殖することによって炎症を伴ったニキビになる」というのがニキビができる原因ですよね。

 

この「菌の増殖」というのが体にとっては異物にあたり、それを排除しようとして攻撃をすることで、お肌に炎症をもたらしてしまうんです。

 

ステロイドの「免疫抑制作用」とは、つまり塗った部分の免疫力を低下させることで炎症そのものを起こさせないようにするってことなんです。

 

お肌へ異物が侵入してきても「攻撃させないようにする」ってこと。

 

 

じゃあ、免疫力が低下すると…

 

たとえステロイドの作用で炎症は治まったとしても、免疫が働かないってことはお肌は外からの攻撃に弱くなるということですね。

 

結果として、

 

 

「免疫低下による菌感染」

 

 

という副作用が生じる可能性があるんです。

 

 

「ニキビの原因はなんでしたっけ?菌の繁殖ですよね…」

 

 

「あれ?おかしいですよね…ステロイドを塗ってニキビを治してもまたニキビができる…ってこと?」

 

 

そうなんです、ステロイドをニキビに塗布することで一時的に炎症は治まるけど、免疫力を弱めている状態なのでいずれは菌が増えていき、ニキビが悪化する可能性があるということです。

 

つまり「免疫抑制作用」はステロイドの「良い作用」でもあり「副作用」を招く要因にもなるってこと!

 

他にもステロイドには皮膚を薄くする作用もあるため、皮膚萎縮(皮膚が薄くなる)や毛細血管拡張(皮膚が赤くなる)といった「健康なお肌」とは程遠い状態を招く副作用や、その他にも、

 

  • 皮膚の乾燥
  • 毛のう炎(毛包の炎症)
  • 痤瘡様発疹(ニキビに似たできもの)
  • かゆみ
  • せつ
  • おでき

 

 

 

こんな副作用も懸念されています。もちろんこれらの副作用は医師の支持を守って正しく使えば避けることが出来るかもしれません。

 

でも、そもそもアンテベートを含むステロイド剤って、炎症を抑えるだけでニキビの根本原因を解消してくれる薬ではないんです。

 

むしろ免疫力が下がるから、ニキビの原因となる菌の増殖を手助けしてしまう可能性もあるんです。

 

 

もちろんニキビの赤みがひどすぎて「もう外に出たくない!」なんていう状態になってしまったときには、強い見方になるかもしれません。

 

ですが、「ニキビを完治させたい!」「二度とニキビができないお肌にしたい」と思うなら、炎症を抑えるためだけにステロイド剤を使うよりも、ニキビの根本原因を解消することから始めてはいかがでしょうか?

 

ニキビの根本原因については話すと長くなりますので、以前私が書いた記事を参考にしてみてくださいね。

 

ニキビを治すための正しい洗顔?あなたの洗顔はきっと間違っている?

 

 

 

【2017年版】ニキビへの効果をしっかり実感したコスメランキング

Ranking 1位
クリーミュー
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
パルクレールジェル
【保湿ランキング第1位】
ルナメアの口コミ
banner-p
banner-b
banner-pbanner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントは受け付けていません。