アズノール軟膏がニキビに効く?副作用は大丈夫?

アズノール軟膏

 

アズノール軟膏という薬がニキビに効果があると注目を集めているようですね。人気の秘密は、

 

「効果は穏やかで副作用の心配もなく、抗炎症成分が炎症を起こしたニキビを鎮めてくれる。しかも非ステロイドだから長期的な使用も可能!」

 

ってことなんだそうです。確かに副作用の心配がなく、ステロイドのように「長期的な使用に向いていない薬」じゃないっていうのは、慢性的なニキビに悩まされている方にとっては魅力的ですよね。

 

でも、そんないい薬があるならもっともっと話題になっていても良いんじゃないかと思うんですが、ホントに大丈夫でしょうか…

 

 

 

 

アズノール軟膏ってどんな薬?副作用は?

アズノール軟膏とニキビアズノール軟膏は日本新薬株式会社から販売されている、主に炎症を抑えるために用いる塗り薬で、湿疹ややけど・皮膚のただれなどの治療に使用されます。

 

「決してニキビ専用の薬というわけではありません。」

 

ドラッグストアなどで市販はされておらず、皮膚科などで処方してもらう薬です。(以前は市販で「アズレノール軟膏AZ」という類似薬が期間限定で販売されていたようですが、現在は販売されていません。)

 

 

 

アズノール軟膏の主な成分は、植物由来成分である「ジメチルイソプロピルアズレン」・石油が原料の油性成分「白色ワセリン」・羊の毛から採取した脂(ロウ)「ラノリン」です。

 

ご覧の通り主な成分が天然由来の成分のため、副作用もほとんどないと言われていて赤ちゃんにも処方されている薬なんです。

 

もちろん副作用が絶対にでないというわけではありません。報告されている副作用は、かゆみ・刺激感・発疹・かぶれなどですが、他の薬に比べると発症リスクはかなり低いと言われています。

 

アズノール軟膏の主な作用は以下の通り。

 

  • 穏やかな抗炎症作用
  • 保湿作用
  • 傷を保護する作用

 

 

ニキビができているお肌は炎症を起こしている状態。アズノール軟膏には炎症を鎮める作用があるため、ニキビが落ち着いていくということですね。

 

「保湿効果であるワセリンやラノリンが入っているのも大きなポイント!」

 

大人ニキビの場合、原因はお肌の乾燥による皮脂の過剰分泌が原因に一つとされていますので、アズノール軟膏でニキビの原因である乾燥も防ぐことができるんです。

 

また傷を保護する作用もあるため、ニキビの回復も早めてくれるということですね。この3点が、アズノール軟膏がニキビに効果があると言われている根拠です。

 

 

 

アズノール軟膏の最大の特徴は、その「効果の穏やかさ」です。抗炎症作用はありますが、ステロイドのような即効性や強さはありません。

 

だからこそ長期的な使用が可能なわけで、慢性的なニキビで悩まされている方から注目を浴びているということなんです。

 

では実際問題、アズノール軟膏は本当にニキビに効果はあるのでしょうか?

 

 

 

アズノール軟膏は、実際ニキビに効果はありそう?

 

えっとですね、ニキビに効果があるかと言われると、アズノール軟膏には抗炎症作用があるので、炎症を伴ったニキビを穏やかにではありますがおさえてくれると思います。

 

 

「でも!ニキビを悪化させる可能性もあるということも知っておいてください!」

 

 

そもそもアズノール軟膏はニキビ治療薬ではありません。ニキビ治療薬はニキビの改善を目的とした薬。

 

ですから、ニキビを改善する成分はもちろんのこと、ニキビを悪化させる恐れのある成分は極力控えて作られています。

 

ニキビを悪化させる成分の代表は、毛穴を詰まらせて「ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を手助けしてしまう油分」ですよね。

 

アクネ菌は空気を嫌う性質があるんです。アズノール軟膏にはワセリンやラノリンなどの油分が配合されています。

 

配合されている油分でお肌に膜を作ることで、お肌の乾燥も防ぐことができますが、結果的に毛穴を詰まらせて空気の通りを悪くしてしまうんですね。

 

そうすると毛穴の中は空気に邪魔されることのない「アクネ菌の格好の繁殖場所」になってしまうんです。

 

それを証拠に、ワセリンなどの油分は医療用軟膏の基剤(ベース)によく使用されていますが、ニキビ治療薬の基剤としてはほとんど使用されていません。

 

ニキビ治療薬の基剤には水溶性のものが多く使われているんです。もちろん油分が使われているニキビ治療薬もありますが、基剤のごく一部に使用されているだけ。

 

 

「それだけニキビの治療には油分は控える必要があるということなんです!」

 

 

アズノール軟膏はニキビの治療には向いていないと考えた方が良いということですね。ニキビをしっかりと治すなら、やっぱりニキビの治療に適したものを使うのが一番なんです。

 

 

 

 

ですが、さらに一つ付け加えるなら…

 

薬の使用は例えニキビ治療薬であっても「ニキビの根本改善」にはならないんです…

 

薬っていうのは、殺菌成分でアクネ菌を殺菌したり、角質剥離成分で毛穴詰まりを解消してニキビの悪化を防ぐなど、配合されている成分の力でニキビをおさえているだけ。

 

ニキビができてしまう根本原因である「お肌の乾燥」を解消してくれるわけではないため、薬の使用をやめるとニキビがぶり返してしまうことになるんです。

 

だからニキビを根本的に解決したいなら、

 

 

「まずはお肌を乾燥させてしまっている原因を取り除かないと!」

 

 

お肌の乾燥ってね、加齢によって引き起こされているから仕方ないとあきらめている方が多いんですけど、実は原因は加齢だけじゃないんです。

 

過剰な洗顔などの、間違ったお手入れが原因でお肌が乾燥してニキビができてしまっている事が本当に多いんです。

 

間違ったお手入れについては話すと長くなってしまうので、取り返しがつかなくなる前に読んでおいてくださいね^^;

 

  続きはこちらからどうぞ

 

 

もちろん医師の指示のもとで、しっかりとニキビ治療薬を使うことには反対しません。

 

でも薬を使うなら、薬でニキビをおさえている間に「薬の使用をやめてもニキビができないお肌に改善していくケア」も是非同時に行っていって欲しいなと心から思います!

 

 

 

 

【2017年版】ニキビへの効果をしっかり実感したコスメランキング

Ranking 1位
クリーミュー *売り切れ中
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
パルクレールジェル
【保湿ランキング第1位】
ルナメアの口コミ
banner-p
banner-b
banner-pbanner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントは受け付けていません。