黄ニキビまで症状が悪化してしまうと?

Dollarphotoclub_84714621

 

 

ニキビの種類のひとつに黄ニキビというのがあります。

これは赤にきびの段階からさらに悪化して、毛穴の壁が破れて大きくなってしまい、膿がたまって膨れた状態のことを黄ニキビと呼びます。また、膿疱とも呼びます。

 

 

黄ニキビの状態まで症状が悪化してしまうと、ニキビが治ったとしても、にきび跡と呼ばれる皮膚がクレーターのように陥没してしまう状態や、皮膚がケロイドのように盛り上がってしまう状態になる傾向があります。

黄ニキビ皮膚の深い層にまでニキビが進行してしまうと、皮膚の重要な役割を果たしている組織を破壊してしまうことになるので、どうしても治療に時間がかかってしまいます。

  参考記事 ニキビ跡の色素沈着を早く治す方法?

できれば、洗顔をする際も患部を避けるように優しく洗顔することを心がけて下さい。

黄ニキビになってしまったからといって、脱脂力の強い洗顔を使用するのはお肌のバリアを摂りすぎてしまう可能性があるので逆効果です。

なるべく肌に優しい洗顔料に変えて、症状の悪化を避けたいところです。


もちろん、日々の対策としては、黄ニキビにまで症状を悪化させないことです。

そのためには、日頃から効果的なスキンケアやニキビ予防をしっかり実行することが重要なのは言うまでもありませんね。

ニキビケアを最速にするための人気No.1組み合わせ定番レシピ

banner

Ranking 1位
ノンエー石鹸
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
メルライン
【美容液ランキング第1位】
ノンエーの口コミ ルナメアの口コミ メルラインの口コミ
banner-pbanner-b banner-pbanner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントを残す