ニキビの原因がホルモンバランスなら婦人科へ?

11d74e0f7ad580871aaf3e65281f7c6c_s

 

 

ニキビで病院を受診する際には、皮膚科だけでなく婦人科にかかると効果が得られる場合もあります。

というのも、ニキビの原因がホルモンバランスの乱れにあることも少なくないからです。

ホルモンの治療は婦人科の領域ですからね。

 

不規則な生活や睡眠不足、栄養の偏りやストレスなど、さまざまなことが原因となってホルモンバランスは狂ってしまいます。

女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが乱れ、男性ホルモンが活性化して過多の状態になると皮脂の分泌量が増えて、ニキビが出来やすくなります。

 

そこで、婦人科ではニキビに対応して、ホルモンのバランスを整えるため『黄体ホルモン』を使用した低用量ピルなどを使った治療が行われているんです。

 

「いろんな治療を試してみたけど、ニキビが全然良くならない…」

 

こんな場合は、婦人科で相談してみると改善するかも知れませんよね。

 

ひとつ注意点
ホルモン剤の服用には吐き気やめまい、頭痛などを伴う可能性もあり副作用のリスクもあります。

 

 

また、ニキビの症状やその人の体質によって治療の効果が現れないばかりでなく、時には悪化することも考えられます。


なので、ホルモンバランス治療を行う際には医師の指導に従って、処方されたホルモン剤を用法・用量を守って正しく服用して下さいね。

これは当たり前のことで、薬の量が多くても少なくてもダメですからね。

でも、意外と自分の判断で薬の使用をやめたり、効果がないからって用量を増やしてしまうことがあるので、気を付けてくださいね。

 

  参考記事 ホルモンバランスが原因のニキビを今話題の「あれ」で整える?

ニキビケアを最速にするための人気No.1組み合わせ定番レシピ

banner

Ranking 1位
ノンエー石鹸
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
メディプラスゲル
【オールインワンランキング第1位】
ノンエーの口コミ ルナメアの口コミ メディプラスゲルの口コミ
banner-pbanner-b banner-pbanner-b banner-p
banner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントを残す