ニキビ用の無添加化粧品って?どんな成分を避けるべきなの?

ニキビ用の無添加化粧品

 

「そもそも何が無添加なの?」

「どんな成分を避けるべきなの?」

「無添加化粧品ってお肌にホントにイイの?」

 

ニキビ用の化粧品って、無添加のものをよく見かけますよね。

 

もちろん、お肌の弱い私たちにとって、お肌に優しい化粧品なら嬉しい限り…しかも、ニキビまで退治してくれる…

 

ただ…

 

「無添加化粧品ってホントに無添加なのか?お肌に害のある成分が含まれていないのか?」

 

ってことを疑問に思ったことありませんか…(苦笑)なので、今回は、

 

「そもそも無添加化粧品の基準って?」

「無添加化粧品ってホントにお肌に優しいの?」

「どんな成分を避けるべきなの?」

 

こんな感じのお話しをしたいと思います。じゃあ、まずは、無添加化粧品についてですね。

 

 

 

 

そもそも何が無添加化粧品なの?

無添加化粧品の基準

 

そもそも、何を基準にして無添加化粧品っていうのか、何か国が定めて指標があるのか、ってこと…答えから先に言っちゃうと…

 

「特に基準はない」(汗)

 

という、驚きの真実(苦笑)

 

もう少し詳しくお話しすると、2001年までは国が指定した毒性の強い成分を配合する場合は、消費者に不安を与えないように表記させましょうね、ってことで、「102の表示指定成分」というのがありました。

参照サイト 日本オーガニックコスメ協会

 

 

で、2001年以降は、

 

「どうせだったら成分を全部表記しちゃいましょう!」

 

ってことで、化粧品に配合されている全成分の表示が義務化されました。

 

ただ、無添加化粧品については、ちょっと変わった?定義があって、さっきの102種類の表示指定成分が、一つでも含まれていなければ、

 

 

「うちのは無添加化粧品です!」

 

 

って、販売できちゃうんですね…(汗)だから、無添加化粧品って言い方次第でこんな感じなるんです…

 

「すべての添加物が含まれていない」

 

じゃなくて、

 

「いくつかの添加物が含まれていない」(苦笑)

 

ってだけなんですね…

 

じゃあ、たとえば、どんな成分を避けるべきなのか、ってことですよね。私の経験から言うと…

 

 

 

じゃあ、どんな成分を避けるべきなの?

無添加化粧品の成分

 

指定成分があるのはわかったけど、含まれていたとしても「無添加」って表記されるなら、どんな成分を避けるべきなのか、これは知っておいた方がイイですよね、間違いなく。

 

ただ、これは私の意見なので、あしからず。

 

まず、絶対に避けたい成分は、

 

「合成界面活性剤」

 

だってね、普通だったら混ざるはずのない水と油を混ぜ合わせるチカラを持っている成分ですよ…お肌にイイわけがありませんね。

 

あとは、紫外線吸収剤もダメですね。紫外線を散乱してくれる成分もあるので、そっちが含まれているほうにしょましょうね。

 

だって、普通に考えても、紫外線を吸収してしまうのと、散乱してくれるのだったら、「散乱」のほうがまだお肌に優しいですよね(苦笑)

 

このことについては、下記の記事でも詳しく書いているので参考にしてくださいね。

 


参考記事 BBクリームでニキビができる?その原因は3つあった!?


 

 

 

あと、個人的にはアルコール系も避けたいですね。感覚的にはサッパリして気持ちイイんですけど、お肌的には乾燥を促進させちゃうので避けましょうね。

 

こんな感じですかね…

 

 

 

 

「あれ、防腐剤はイイの?」

 

って、思ったあなたはさすがです(笑)

 

でね、防腐剤に関しては、私のお肌的には特に問題ないんですよね。っていうか、防腐剤が含まれていない化粧品って、ホントに少ないんですよ…

 

そもそも、化粧品は水がかなりの割合を占めていて、防腐剤が入ってないとすぐ腐っちゃいます(汗)

 

よく、「パラベンフリー」なんて防腐剤が入ってないかのような表記を見かけますけど、じつは、他の指定成分以外の防腐剤が使われているケースがほとんどです。

 

たとえば、「フェキシエタノール」なんてパラベンの代替成分として有名ですしね。

 

 

 

腐ってしまった化粧品をお肌に塗るのもコワイし、私のお肌には特に反応しないので良しとしています。

 

もちろん、防腐剤に反応することもあると思うので、どの成分に反応するのか、チェックしていくことが大事ですよね。

 

じゃあ、そもそも論として、

 

「無添加化粧品ってお肌にホントにイイの?」

「ニキビ肌にとって大丈夫なの?」

 

ってことですよね。

 

 

 

 

無添加化粧品ってお肌にホントにイイの?

ニキビと無添加化粧品

 

 

無添加化粧品ってお肌にホントにイイのか、ニキビ肌にとって優しいのか、ってことですけど、

 

「ハッキリ言ってわかりません」(汗)

 

無責任に聞こえるかもしれないけど、ホントにわかりません…だって、あなたのお肌と私のお肌は違いますからね。

 

だから、大事なことは、

 

「化粧品の表示成分をチェックするクセをつける」

 

そして、最終的には、

 

 

 

「お肌に悪い反応が出たかもしれない成分を覚えておく!」

 

 

 

これは、習慣付けた方がイイと思います。今は、「悪い反応がでたかもしれない」って状態を、トライ&エラーを続けることで、「悪い反応が出る成分」って確信を持つことができます。

 

もちろん、年齢によって、お肌の状態によって反応の出方も違うと思います。それでも、あなたのお肌に合う合わないを知っているのと知らないのでは大きな違いがあります。

 

ただ知っているだけで化粧品を試すことがコワくなくなるし、洋服選びのようにコスメ選びが楽しくなりますよ。もともと、メイクってオシャレと一緒で楽しむものですよね。

 

キレイな自分を鏡で見ては、嬉しくなったり自信が持てたりするものです。そんな日が毎日続くのって、贅沢なお願いでしょうか…私はガンガン欲張っていきますよ(笑)

 


参考記事 【最新版】厳選!ニキビ用化粧水ランキング


 

 

 

 

 

【2017年版】ニキビへの効果をしっかり実感したコスメランキング

Ranking 1位
クリーミュー
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
パルクレールジェル
【保湿ランキング第1位】
ルナメアの口コミ
banner-p
banner-b
banner-pbanner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントは受け付けていません。