ニキビを治すためにメイクをミネラルコスメに?落とし穴も!?

「パラベンや紫外線吸収剤が入ったファンデーションを使ってる?」

「仕事が忙しくてメイクを落とさないで寝ちゃうことがある?」

「そもそもミネラルコスメはニキビにイイの?」

 

ミネラルコスメって聞いたことあるけど、
ホントにお肌にイイの?ニキビにもイイの?

使ってみたいけど、
なかなか今のコスメを変える勇気がない…(汗)

もしかしたら、
あなたもこんなことを思っているかも…

 

なので、今回は、

 

「ミネラルコスメってなに?ニキビにイイの?」

「ミネラルコスメの成分は大丈夫?落とし穴も!?」

「ミネラルコスメは何を基準に選べばイイの?」

 

こんな感じのお話ができたらと思います。

じゃあ、まずは、そもそもミネラルコスメって?
ニキビにイイの?ってことですね。

 

ミネラルコスメってなに?ニキビにイイの?

ミネラルコスメミネラルコスメって、天然の鉱物が成分となっていて、

お肌に刺激を与えるような成分を取り除いていって、残った成分を中心に作られているから、

 

「お肌に負担をかけない」

 

って言われています。

 

洗顔なんかも、ミネラル成分のみだから
石けんで簡単にメイクを落とせたり、

日焼け止め、下地がいらないものもあるので、
その分、お肌に負担をかけないからニキビ肌にもイイってわけ。

 

よく、ミネラルコスメなら洗顔いらず!
なんて言われていますけど、

ニキビ肌なら、夜はちゃんと洗顔はしましょうね(汗)

合成界面活性剤が入っている洗顔フォームを使わないで
洗顔石けんだけでイイんですからね。

 

間違ってもミネラルコスメを使って、
洗顔フォームなんか使わないでくださいね…

ミネラルコスメの良さが半減してしまいますから(苦笑)

  参考記事 洗顔石けんが注目されているワケ?ニキビにはやっぱり石鹸?

 

 

ミネラルコスメの成分は大丈夫なの?落とし穴も!?

じゃあ、次にお肌に優しいのはわかったけど、
実際、どんな成分が使われているのか?ってことですよね。

代表的なミネラルの成分としては、

 

マイカ(雲母)

ツヤ感をだしたり、きめの細かさを出したりする効果があります。

 

酸化チタン

紫外線散乱材として使われたり、皮膚の凸凹をカバーしたりする効果があります。

 

酸化亜鉛

消炎効果やお肌を引き締める効果があって、アレルギーが出にくいお肌に優しい成分といわれています。

 

酸化鉄

無添加化粧品とかの顔料として使われている成分で、赤と黄と黒の3種類を混ぜ合わせて肌色を作っています。

 

シリカ

吸水性が強いのを活かして、お肌をなめらかにする効果として使われています。

 

 

で、ミネラルコスメの何が落とし穴かって、
ミネラル成分が100%じゃなくてもミネラルコスメってこと(汗)

だから、

 

「ミネラル成分のみのコスメなのか?」

「ミネラル成分も入っているコスメなのか?」(苦笑)

 

ここが大きな違いになっています。

 

ミネラルコスメに含むお肌に悪いもの?
・表面をコーティングするための合成ポリマー
・紫外線吸収剤
・毛穴を塞いでしまうオイル

・合成界面活性剤など

 

 

こんなものも含まれている
ミネラルコスメもあります(汗)

これだとハッキリ言って、
洗顔フォームを使わないと落ちません…

 

そしたら、洗顔石けんでお肌に負担をかけないで
キレイに汚れを落としてくれるはずなのに、

これじゃあ、ミネラルコスメの意味が全くない…(苦笑)

 

せっかく、お肌にイイものを探しているんだから、
ちゃんとしたものを使いたいですよね。

私だったら、100%のミネラルコスメにこだわりたい…

 


 

ミネラルコスメは何を基準に選べばイイの?

ニキビが出来やすい場所さっきも言いましたけど、ミネラルコスメと言っても、お肌に悪いものが含まれているものもあります。

何を基準にするのかはあなた次第で、値段なのか成分なのか、いろいろあると思います。

 

それはもちろん、100%ミネラルコスメだと、
他のものよりは高いのが普通ですよね。

だから、安いものを選ぶっていうのも、
ひとつの選択肢だとは思います。

でも、私としては、

 

「あなたには100%ミネラルにこだわってほしい。」

 

だって、ニキビを治したくって、
化粧品を変えてみたり、生活習慣を変えてみたり、

悩んで悩んで、悩んで悩んで、
ホントにいろんなこと試してるはず…

 

そこで中途半端なものを選んだばっかりに、
大してなにも変わらない…

それならまだイイけど、ニキビが改善しないで
悪化しちゃった、なんてこともありますよね…(汗)

 

私も昔はこういうことしてたので、
気持ちは良くわかるんですけど、

 

「やっぱり、安いには安いなりの理由がある」

 

これが私が見つけた答え(苦笑)

化粧品会社だって、商売なんだから、
イイものを使ってコストがかかれば値段も高くなります。

だから、

 

「安さに負けないでほしい」(苦笑)

 

今、あなたが悩んでいる1000円、2000円の差なんて、
あとの結果を考えたら小っちゃいものじゃないですか?

たとえば、ミネラルファンデーションだったら、
下地クリームや乳液が必要なくなるから、

そのぶん、コスパは抑えられるし、
工夫すれば出費も抑えられますよ。

だから、そういうことを踏まえて、
もう一度考えてみてもイイかもしれませんね。

 

で、もし、ミネラルコスメに変えてみたいなぁ、
ってことなら、やっぱりファンデーションから。

洗顔も楽になるし、
まず、お肌への負担がかなり減りますからね。

使い始めてから早い段階で、
実感できるはずですよ。

 

ミネラルファンデーションについても、
がっつりお話ししたいんですけど、

そしたらかなり長くなってしまうので、
こっちの記事を参考にしてくださいね(笑)

  参考記事 ニキビを悪化させるファンデーションの3つの条件? 

 

 

ニキビケアを最速にするための人気No.1組み合わせ定番レシピ

banner

Ranking 1位
ノンエー石鹸
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
メディプラスゲル
【オールインワンランキング第1位】
ノンエーの口コミ ルナメアの口コミ メディプラスゲルの口コミ
banner-pbanner-b banner-pbanner-b banner-p
banner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントは受け付けていません。