【効果なし?】ニキビのサプリメントにはどんな成分が必要なの?選び方は?

ニキビとサプリ

 

世の中にはたくさんのニキビ用サプリメントが発売されていますよね!

 

サプリメントは薬ではなくあくまで健康食品というくくりなので、どうしても薬が苦手…という方などは意外と重宝しているのではないでしょうか?

 

ただ、中には、

 

 

「サプリをずっと飲み続けているけど一向に効果があらわれない!」

 

 

なんて声も良く聞きます。

 

薬じゃないから効き目には時間がかかるとか、具体的な効果・効能はうたえない、というのがサプリの特徴と言えばそれまでですが、でも安くないお金を払って飲んでいるのに全然ニキビが治らないんじゃ意味ないですよね?

 

そこで今回は、ニキビのサプリメントの成分についてと、選び方のポイントなどをご紹介いたします。

 

ニキビのタイプによってもおススメのサプリメントは変わってきますので、気になる方はよーくチェックしてくださいね♪

 

 

 

 

ニキビのサプリメントに必要な成分って?

 

いろいろなメーカーからありとあらゆるニキビ用サプリメントが発売されていますが、どのサプリにも必ず配合されている成分があります。

 

それは「ビタミンB」と「ビタミンC」です。

 

ビタミンというのは人間の体内では合成できない成分なので、食事から摂る必要があるのですが、現代人は「圧倒的にビタミン不足」なんだそうです。

 

 

 

というのも、ビタミンBもビタミンCも水溶性のビタミンなので、汗や尿ですぐに排出されてしまい、体内になかなか留まれないんですね。

 

私もこの2つのビタミンは長年摂っていますが、サプリを飲んでしばらくしてトイレに行くと尿が真っ黄色!ということがあります。

 

これは、過剰に摂取したビタミンが体内に吸収しきれずに排出されてしまっているんです。

 

 

 

また、タバコやストレスなどでもビタミンBやCはすぐに壊れてしまいます。

 

すると体内では酸性とアルカリ性のバランスが乱れ、過剰な皮脂が過酸化脂質となりニキビになってしまうのです。

 

さらに、ビタミンBやCを食事から摂ろうとすると、大量の野菜や肉を食べなければならず、これがはっきり言って物理的に無理な量なので(女性の場合はダイエットも気になりますしね!)、どうしてもビタミン不足になりやすいのです。

 

 

 

タイプ別ニキビのサプリの選び方?

 

ニキビにもいろいろなタイプがありますが、そのタイプに合わせて必要なニキビ用サプリメントをチョイスするのが大切です。

 

上に書いたビタミンBやビタミンCのサプリをそのまま摂っても構いませんが、さらにニキビケア用に複合的に成分が配合されたもののほうが、効果の出方が多少変わります。

 

では、タイプ別ニキビと必要な成分をご紹介します。

 

便秘型ニキビ

このタイプは、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維が配合されたサプリメントがおススメです。

 

ホルモンバランスの乱れによるニキビ

このタイプは、大豆イソフラボンやノコギリヤシなど、ホルモンバランスを整える働きのある成分が配合されたものがおススメです。

 

大人ニキビ(ストレス性)

このタイプは、亜鉛などのミネラル成分やポリフェノールなどの抗酸化成分がおススメ。

 

思春期ニキビ(過剰皮脂)

このタイプは、基本のビタミンだけでも良いと思いますが、さらに気になるようであればマルチミネラルやアミノ酸などのサプリもおススメです。

 

 

 

 

まとめ

 

ニキビができる原因は複雑に絡み合っているので、単純に「これを正せばニキビが治る!」と断言できるものではありません。

 

しかし、ビタミンやミネラルなど、人間本来の活動に必要な栄養素のバランスが乱れると、ニキビだけでなくいろいろな症状があらわれてきます。

 

一度、自分の生活習慣や食生活を見直しつつ、サプリメントを上手に活用してスベスベな肌を実現してくださいね〜!

 

 

 

【2017年版】ニキビへの効果をしっかり実感したコスメランキング

Ranking 1位
クリーミュー *売り切れ中
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
パルクレールジェル
【保湿ランキング第1位】
ルナメアの口コミ
banner-p
banner-b
banner-pbanner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントは受け付けていません。