ニキビとチョコレートが関係ないと思っているあなたへ(笑)

ニキビとチョコレート

 

「ニキビとチョコレートってホントに関係ないの?」

 

って、これがホントだったら嬉しい話なんですけど、実際は一体どうなんでしょうね…?

 

「ニキビ チョコレート」でググってみると、

 

「アメリカの研究機関が関係ない!って言っているから大丈夫!」

「科学的にもニキビとチョコレートの関係性は説明がつかない!」

「チョコレートは脂質と糖分でできているからニキビの原因だ!」

「チョコレートを食べた次の日にはニキビになった!」

 

なんて、両極端の意見が飛び交っています…で、私の結論から言ってしまうと、

 

 

「ニキビとチョコレートは確実に関係がある!」

 

 

って思っています。その理由は、

 

「チョコレートって何でできているか知っていますか?」

「アメリカの研究結果は陰謀だ!」(笑)

「砂糖をやめたらニキビができなくなった!?」

 

こんなお話しをしていきますが、ちょっと違う視点からのお話しなのでオモシロイかも(笑)じゃあ、まずはチョコレートの成分について、じつは、こんなんなんですよ…ってお話しです。

 

 

 

 

チョコレートって何でできているか知ってますよね?

 

「チョコレートって何でできているか?」

 

何となくでもわかると思うんですけど、たとえば、

 

「チョコレィトは、め・い・じ」(笑)

 

このフレーズで有名な明治チョコレート。これですね。

 

ニキビとチョコレート

 

 

この裏の成分表を見てほしいんですけど、注目してほしいのはこの2つ。

 

 

ニキビに悪い食べ物

 

  • 【 脂質 19.8g 】
  • 【 糖質 29.7g 】

 

 

チョコレートそのものの重さは【 55g 】だから、

 

 

「脂質と炭水化物をあわせるとなんと【 49.5g 】」

 

ってことは、チョコレートの90%近くは、この脂質と炭水化物からできていることになります。

 

で、厚生労働省によると、1日に必要な脂質は約46gだから、チョコレートを全部食べると半分近く摂取しちゃうことになりますよね(汗)

 

これじゃあ、皮脂の分泌を促進してしまうので、ニキビになりやすい状態になるとはいえますよね。

 

あと、炭水化物って表示されていますけど、これは、じつは、

 

 

「糖質=炭水化物」

 

 

同じなんです…

 

「だから、お米やパンと一緒なの…?」

「じゃあ、適量ならカラダにいいんじゃない?」

 

って、疑問も…

 

 

 

これね、勘違いしているかもしれませんが、じつは、炭水化物にも種類があります。

 

お米やパンは、複合炭水化物に分類されて、カラダに吸収される速度が遅いから大丈夫なんですが、

 

で、チョコレートに含まれている炭水化物は、単一炭水化物に分類され、一気に吸収される特性があります。一気に吸収されると…

 

今度は血糖値がガンと上がって、その上がった血糖値を下げようとすい臓からインスリンというホルモンが分泌されます。

 

で、このインスリン…

 

 

「じつは、皮脂腺を刺激して、皮脂の過剰分泌を促してしまいます…」

 

 

ってことは、

 

 

 

「確実にニキビと関係がある!」

 

 

 

と言えますよね。

 

 

 

「じゃあ、今人気の糖質カットや高カカオチョコレートなら大丈夫?」

 

って、キモチもとっても良くわかります(苦笑)だって、チョコレート…オイシイですもんねw

 

でも、糖質カットのチョコレートは、糖質はカットされていても脂質は高いままだし、普通のチョコレートよりも脂質が多いものもあります(がーん)

 

あと、高カカオチョコレートも脂質が高くって、国民生活センターの報告書でも、高カカオによる脂質の過剰摂取について注意が出ているほど…

 

 

 

だから、もし、あなたがニキビができやすいのであれば、チョコレートはやめたほうがイイと思いますよ。っていうか、これを機会にやめまちゃいましょう(苦笑)

 

じゃあ、次は、私がずっと疑念を抱いているアメリカの調査報告について…ちょっと、ひねくれた視点でお話ししてみます(笑)

 

 

 

 

アメリカの調査報告でニキビとチョコレートは関係がない!ってホント?

ハイドロキノンの副作用

 

アメリカの研究結果では、「ニキビとチョコレートは関係がない!」って証明されたそうです。

 

これが、ホントにそうだったら、私は飛んで喜んじゃいますよ(笑)でも、これは、

 

 

「何か裏がありそう…www」

 

 

っていうのも、アメリカのチョコレートの消費量って、

 

「1人につき、年間【 5.2kg 】!!」

 

ちなみに、日本は2.2kgなんですけど、アメリカは日本人の倍以上消費しているわけです。さらに、アメリカでニキビに悩んでいると言われている数は、なんと…

 

 

「1.7億人」(爆)

 

 

なんて言われています。軽く日本の総人口を超えちゃってます(汗)

 

 

 

で、ここからが本題。

 

もし、このニキビで悩んでいる1.7億人もの人が、この調査報告を鵜呑みにして、今まで、チョコレートを我慢していたのに、普通の人のように消費してしまったら…

 

 

 

年間のチョコレートの消費量【5.2kg】 × 1.7億人 = 884メガトン(どどーん)

 

 

 

年間、884メガトンもの消費量が増えます…って、かなり大げさな試算ですけど、少なからず消費は増えるはずですよね。ってことは、やっぱり、

 

「チョコレート協会とどこかが裏取引!?」

 

なんて、陰謀説もあるとかないとかwww

 

日本もバレンタインデーの日になると、チョコレートをあげる習慣ってありますよね…これって、日本だけだって知ってました?

 

海外では、バレンタインデーにはお花なんかをあげるんですよね。

 

 

「これも、日本のチョコレート協会の陰謀か…?w」

 

 

義理チョコなんていうのまであるし(爆)まぁ、私の妄想はさておき、「こんなことがあるかもね」って感じのお話でした。

 

で、最後に、

 

 

「砂糖をやめたことでニキビができなくなった!?」

 

 

こんなお話をする予定でしたが、長くなりすぎたので続きは下記の記事からお願いします。

 


続きはこちら 砂糖断ちでニキビができなくなった!?


 

 

 

 

【2017年版】ニキビへの効果をしっかり実感したコスメランキング

Ranking 1位
クリーミュー
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
メルライン
【美容液ランキング第1位】
ルナメアの口コミ メルラインの口コミ
banner-p
banner-b
banner-pbanner-b

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

2 Responses to “ニキビとチョコレートが関係ないと思っているあなたへ(笑)”

  1. 私はニキビ(できもの)になやまされています。チョコレートなんて甘党の私には天使のようなお菓子!でもニキビが治ってからのお預けにします!つらッ(/ _ ; )
    治って笑顔の毎日にするぜー( ^ω^ )

コメントを残す