洗顔石けんが注目されているワケ?ニキビにはやっぱり石鹸?

「洗顔フォームと洗顔石けんの違いは?」

「洗顔石けんは泡立ちが悪いから汚れが落ちているか心配…?」

「そもそもニキビができるようなお肌ならどっちがイイの?」

 

洗顔フォームと洗顔石けん…

どっちがイイのか、めっちゃ悩みますよね(汗)

もちろん、私もその一人だったんですけど、
今はもう、洗顔フォームに戻るつもりはありません(キッパリ)

 

それもそのはず…

「だって、洗顔フォームはお肌に悪いんだもん…」(汗)

 

最近では、洗顔石けんの良さが見直されて、
モデルさんやタレントさんの間でも石鹸派が多いみたいですし。

なので、今回は、

 

「洗顔フォームと洗顔石けんの違いは?」

「そもそも合成界面活性剤ってなに?」

「洗顔石けんの上手な使い方?」

 

こんなお話しをしたいと思います。

じゃあ、まずはその違いについてのお話しです。

 

洗顔フォームと洗顔石けんの違いは?

夏ニキビ洗顔フォームと洗顔石けんの大きな違いは、

 

「合成界面活性剤」

 

やっぱり、コレでしょうね。

 

まず、石鹸は天然系の界面活性剤を使っていて、
洗顔フォームは合成界面活性剤を使っています。

名前だけ聞くと、なんか大して変わらない気もしますけど、
それは大間違いで、お肌に与えるダメージが全く違う…

 

そもそも界面活性剤って、
水と油をうまくつなぎ合わせるもので、

そのチカラで汚れを落としやすくしたり、
違う性質のものを仲良くさせたりすることができます。

 

で、この「合成」がつくものは、
石油をもとに作られているので、

コストを抑えることもできるから、
食器用洗剤や化粧品などに幅広く使われています。

 

どうして、そこまで合成のものが怖いかって、
食器用洗剤を使う場面を思い出してもらうとわかりやすくって、

食器を洗うとき、水で洗うだけじゃ
油の付いたお皿は汚れが落ちにくいですよね。

 

でも、これをお肌に置き換えてみてください。

こんな洗浄力の強いものが、
お肌にイイわけありませんよね…

皮脂だけじゃなくて保湿成分まで削ぎ落とされます…

ましてや、ニキビができるような弱いお肌に…

 

「私の友達、コックの見習いなんですけど…
毎日の食器洗いで手がボロボロ…」(汗)

 

それぐらい、合成界面活性剤の洗浄力は強いんです。

 

でも、洗顔石けんも界面活性剤は使ってますよね?

しかも、石けんを使ったあとは、
なんだかお肌がツッパル気もするし…

コレは、ホントに大丈夫なの?

 

洗顔石けんのツッパリ感は大丈夫?

混合肌の洗顔よく洗顔フォームのCMとかでも、お肌と同じ弱酸性だから安心!なんて見かけますよね。

確かに、洗顔フォームが弱酸性だと、お肌と同じ弱酸性だからつっぱりはしません。

でも、洗顔フォームによくある、「しっとり感やツルツル感」は弱酸性のおかげじゃありません…

 

これは、

 

「合成界面活性剤の演出のおかげ」(苦笑)

 

お肌に残った合成界面活性剤は、油や水と仲良くできるので
細胞内の脂質と結合したり、お肌内部の水分と結合したりして、

人工的にしっとり感を出すことで、
全然、ツッパリを感じることがないわけです。

 

コレを繰り返すことで、お肌は常に刺激を与えられ、
お肌の内部の水分は、どんどん失われていく…

でも、こんなことが起こっているなんて気づかないし、
実際にしっとり感もあるわけだから…

 

「人工的な保湿は繰り返される…」(汗)

 

だから、ちょっとしたことでお肌が荒れたり、
ニキビができたり、急にトラブル続出なんてことも…

 

じゃあ、逆に洗顔石けんのツッパリ感はどうなの?
大丈夫なの?ってことですけど、

まず、洗顔石けんは弱アルカリ性で、古い角質を剥がす作用や、
毛穴を広げて汚れを落としやすくしてくれます。

これでお肌は柔らかみを増して、
ツルツルなお肌にするという働きをします。

美肌で有名な温泉なんかも弱アルカリ性ですよね。

 

で、この石けんのアルカリという性質は、
酸性に傾くと洗浄力を失います。

この酸性というのは、
皮脂だったり汗だったりするので、

もし、石けんがお肌に残っていたとしても、
洗顔後、30分もすれば皮脂や汗と結合して洗浄力はなくなる…

 

ということは、石けんの界面活性剤は、
お肌に残らないというわけですね。

だから、洗顔石けんはお肌に優しいんです。

 

逆に、合成界面活性剤を使っている洗顔フォームは、
お肌に残っていたとしても分解されることがないので、

洗浄力を持ったままお肌に残ってダメージを与えるから、
そういう意味でも負担が大きいんですね(汗)

 

で、洗顔石けんのツッパリ感はどうして起こるのかというと、
お肌が酸性に戻ろうとするときに起こる現象なんです。

洗顔石けんの弱アルカリ性が古い角質や汚れを落としたあと、
健康なお肌なら皮脂を出そうとします。

 

この弱アルカリ性に傾いたお肌を皮脂の酸性が中和して、
お肌を弱酸性に戻そうとする働きでツッパリを感じます。

これは、健康なお肌の状態なので全く問題ないし、
お肌が活性化している証拠でもあります。

お肌がもともと持っているチカラを引き出す意味でも
洗顔石けんの弱アルカリ性はイイんですね。

 

とは言ってもね、洗顔石けんも
お肌に負担はかかるのは確か…

なので、洗顔石けんの上手な使い方?
なんてお話しもしたいと思います。

 


 

洗顔石けんの上手な使い方?

ノンエーのコスパ洗顔石けんとは言っても、界面活性剤を使っている以上、洗浄力はあります。

だから、使い方を間違えると、お肌にもダメージを与えて乾燥しすぎたりなんてことも…

どの洗顔剤を使っても同じなんですけど、基本はゴシゴシ洗ったり、長時間しないことですね。

 

今の洗顔石けんなら泡立ちがイイものも多いので、
そのきめ細かい泡でサッサッと洗顔するイメージです。

意外と弾力もあるので、
ゴシゴシする必要もないと思いますよ。

 

「基本は洗いすぎないこと」

 

これは間違いありません。

なので、ちょうどイイ感じを探ってみてください…
このへんがスキンケアの難しいところだったりしますね(汗)

 

あと、どうしても洗浄成分がお肌に残るとは思いますけど、
洗顔石けんなら界面活性剤が消えてしまうので、

これはやっぱり、大きなポイントですよね。

私のお肌を救った大きな理由かもしれません(笑)

 

なんだか全然ニキビも良くならないし、
どうしてイイかわからない…

こんな感じで悩んでいるなら、洗顔フォームから
洗顔石けんに変えてみるのもイイかもしれませんね。

 

「でも、洗顔石けんって高い?」

 

洗顔石けんって言っても石けんは石けんですから、
割と高いイメージがあるかもしれませんね(汗)

でもね、私は、ある事実を知った瞬間…

 

「思わず大人買いをしてしまいました…」(苦笑)

 

このことについては、詳しく記事にしたものがあるので、
参考にしてもらいたいなと思います。

あなたも、この事実を知ったら、
洗顔フォームになんて戻れなくなりますよ(笑)

  参考記事 洗顔剤からニキビ用洗顔石鹸に変えた3つのわけ?

 

 

ニキビケアを最速にするための人気No.1組み合わせ定番レシピ

banner

Ranking 1位
ノンエー石鹸
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
メディプラスゲル
【オールインワンランキング第1位】
ノンエーの口コミ ルナメアの口コミ メディプラスゲルの口コミ
banner-pbanner-b banner-pbanner-b banner-p
banner-b

 

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントは受け付けていません。