ニキビ肌にはW洗顔が必要ない!と思っているあなたへ

 

「ニキビ肌にはW洗顔は必要ないの?」

 

まず、最初にお答えします。

 

ニキビ予防に効果的な洗顔方法とは、

 

 

「クレンジングでメイクを落としてから洗顔をするW洗顔は必須です!」

 

 

特に、メイクをしている方は、かならずW洗顔を心がけてください。

 

まず、それって一体どんな理由?こんなことからお話ししていきますね。

 

 

 

 

ニキビ肌にはなんでW洗顔なの?

 

 

まず、顔の汚れには汗や皮脂などの水溶性の汚れと、メイクや日焼け止めなどの油性の汚れがあります。この水溶性の汚れというのは、身体を洗うのと同じで石鹸でキレイになります。

 

でも、油性の汚れというのは、クレンジング剤を使わないとキレイに落ちません。

 

よく日焼け止めを塗ったあとに石鹸で手を洗ってもなかなか落ちませんよね。それだけ日焼け止めの油性成分は強いんですね。

 

これを石鹸だけで落とそうとしたら、かなり強く、しかも何回もゴシゴシしないとキレイに落ちませんよね。

 

こんなことをしてお肌を傷つけてしまうのであれば、

 

 

「クレンジング剤を使って優しく素早く洗顔した方がお肌の負担は軽くなります!」

 

 

ちゃんとクレンジングが出来ていないと、どんなに高額なクリームや化粧品を使っても意味がないですからね。

 

だってお風呂の栓をしないまま、お湯をためているようなものですから。

 

じゃあ、どうやってクレンジングをすればいいの?ってことですよね。

 

 

 

 

これがニキビ肌にとって正しいクレンジング!

 

ここで正しいクレンジング方法を紹介しておきます。

 

まずはじめに、コットンにクレンジング剤をなじませて、口紅などのメイクを落とすことからはじまります。

 

このときに、注意しなければいけないことはクレンジング剤の量です。クレンジング剤をケチらないようにしてください。

 

クレンジング剤が少ないと、コットンをお肌にゴリゴリ擦り付けてしまうことになります。摩擦はお肌にとっては大敵です。

 

ですので、ピチャピチャするくらい沢山しみ込ませまるように心がけてください。

 

 

 

次に、たっぷりのクレンジング剤を手にとって、額、両頬、鼻、あごにつけて、クルクルっと円を描いていきます。

 

そして、顔の内側から外側へメイクになじませるような感じでクレンジング剤を伸ばしていきます。

 

メイクがクレンジング剤としっかりなじんで汚れが浮いてきたら、ぬるま湯で流してください。

 

 

 

きれいにしようと思って、顔をゴシゴシ洗うことはやめてくださいね。「擦るという行為」は、お肌によくないし、ゴシゴシしなかったとしても、洗い過ぎもよくありません。

 

顔には少しくらい菌がいた方がいいとも言います(笑)無菌状態だと、肌の抵抗力が弱まる可能性があるからです。

 

クレンジングはスキンケアの始まりです。ニキビ肌に負担をかけずに時短でする方法もあります。ちょっと長くなってしまうので…

 

  続きはこちらからどうぞ

 

 

 

【2017年版】ニキビへの効果をしっかり実感したコスメランキング

Ranking 1位
クリーミュー
【洗顔ランキング第1位】
Ranking 1位
ルナメアAC
【化粧水ランキング第1位】
Ranking 1位
メルライン
【美容液ランキング第1位】
ルナメアの口コミ メルラインの口コミ
banner-p
banner-b
banner-pbanner-b

Sponsored Link

サイト内で最もアクセスがある記事

コメントを残す